作曲家は事務所所属とフリーランス、どちらが良いのか?

作曲活動全般

作家事務所はコンペの情報を回すだけで何もしてくれない。
・コンペはどうせ取れないのだからフリーランスとして自分で仕事を探した方が良い。

こんな話を聞いたことはないでしょうか?
ツイッターなどでも良く見かけますね。

今回はこの噂について私なりの見解を記事にしたいと思います。

ひよ作
ひよ作

事務所所属作家のひよ作の意見なので悪しからず。

作家事務所は何もしてくれないというのは本当か。

まず、作家事務所はコンペの情報を回すだけで何もしてくれない、という点についてですがこれはある意味で真実かと思います。

作家事務所に入れば食べていけるようになるどころか、最初のうちは仕事を得ることすら難しいのが実情です。
新人はほぼコンペスタート、採用されなければ仕事が得られないというのは現実の一つとしてあります。

結果が出せない作家にとっては、ろくに採用もされないコンペをただ転送し、曲が採用された場合には半分近いマネージメント手数料を取るアコギな商売、と思ったとしても仕方がないところがあります。
ここら辺は通常のビジネスで考えれば特殊な業界と言えるでしょう。

ひよ作
ひよ作

一応補足ですが、事務所に入る時点でずば抜けた能力を示せれば、いきなり編曲などの仕事を任されることは無いわけではありません。
コンペで採用を取った作曲家が何らかの理由で編曲ができない場合、同じ事務所内の誰かが編曲を担当することはわりとあるようです。
音大や専門学校でスキルを積んだ人であれば可能性は大いにあるかと。
しかし、普通の作家であればなかなか難しい話です。

フリーランスでやっていけるならやった方が良い

ですのでフリーランスになれる実力、コネクションがあるのならフリーランスになった方が良いというのは真実かと思います。
実際にある程度の実績を積んだ作家さんは独立してフリーになっている人も多いですよね。
収入アップはもちろん、自由な音楽活動が出来るので、能力がある人にとっては良いことばかりです。

社会的信用という面でも、事務所に入っているメリットは皆無なので関係ありません。
そもそも事務所所属というのはフリーランス扱いで、作家業におけるマネジメント・営業の業務を委託しているだけなので、マネジメント・営業部分を自分でこなせる人は事務所に入るメリットはないと思います。

しかしだからといっていきなりフリーランスでやっていこうと思うのはちょっと気が早いかもしれません。

事務所に所属する事で得られるメリットももちろんあります。

フリーランスが定期的に複数のコンペをもらい続けることは難しい

作家側からするとコンペじゃなくて決め打ちの仕事を最初から持ってきてくれと思うかもしれませんが、実はコンペをもらうこと自体もそう簡単ではありません

コンペというのはレーベルやレコード会社の担当者が個別に発注することが多いので、会社の中でコンペ用窓口というのがあるわけではありません。
作家事務所は各担当者とコンタクトを取り営業をかけ、個別にコンペをもらう関係を構築しているのです。
なのでフリーランスの場合は個別に担当者に営業をかけていく必要があります。

また、コンペをもらい続けるにはしっかりと曲を提出する必要があります。
複数の担当者を開拓したとしても曲作りのキャパを超えてしまっては苦労も水の泡です。
その点、作家事務所にいれば、自分が出さなくても誰かが出してくれればなんとかなります。ストックを含めれば何かしら提出できることでしょう。

作家側からすればコンペなんて、というイメージがありますが、実際にコンペをもらい続けるというのはそれなりの労力がかかるのです。

まして決め打ちで仕事をもらうというのは、これといった実績が無い作家には相当な難易度と言えるでしょう。
もらえてもインディーズなどの小さい案件が大半かと思います。

フリーランスの場合、制作の全ての責任を自分で取る必要がある

事務所の仕事にはコンペの仕事以外に、採用された後の制作進行があります。

  • 制作金額の交渉
  • スケジュールの調整
  • スタジオ、エンジニア、ミュージシャンの手配

などなど、細かい事も考えたら実はかなりの手間があります。
フリーランスの場合はこれらを全て自分でやる場合があります。

一定の経験値、コネクションがあればクリアできる問題だとは思いますが、それなりに大変な業務かと思います。

またトラブルが起きた場合の対処も全て自分でやらなければいけないので、リスクマネジメントも必要になってきますね。

結局は自分の力量次第

作家事務所所属とフリーランスは結局のところ自分の力量次第になってきます。

私個人の考えとしては実績が無く、歌ものポップスをやりたい人は、まず事務所に入った方が良いかと思います。

実績がなくてもある程度の実力があり、コネクションもしくは営業のスキルがあって、レコード会社を通さない企業発注のインストものなどをやりたい人はフリーランスで一度やってみても良いかもしれません。

色々な業界情報、噂、考え方を耳にするとは思いますが、自分がやりたいことと置かれている立場を踏まえないと何とも言えないとは思いますので、良くリサーチし検討し、選択していただければと思います。

ひよ作
ひよ作

ひよ作は作曲のみに集中出来る事務所所属作家という立ち位置には満足しています。
が、それも兼業作家だからという部分もあるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました